• ホーム
  • 性行為で相手がウイルス感染?クラミジア検査で診断

性行為で相手がウイルス感染?クラミジア検査で診断

病原体

淋病、梅毒、コンジローマなど性病にはいろいろありますが、クラミジアは最も罹患する人が多く、特に20~30代の若い男女に多く見られるのが特徴です。
クラミジアは以前は目によくすみついていたウイルスですが、最近ではお風呂に毎日入るなど清潔が保たれることによって、めったに見られなくなりました。
一方、クラミジアは過激な性交渉によって、ウイルス感染するようになりました。
たとえば女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオという行為ですが、もし男性器にクラミジアがすみついていれば相手の女性にはクラミジアが感染することになります。
口に男性器を含むのだから女性はのどに、感染しがちです。
せきや痰、頭痛といった風邪のような症状に苦しめられますが、風邪の薬をのんでも治りません。
もともとの原因が風邪のウイルスによるものではなく、クラミジアによるものだからです。

自分がクラミジアに感染かしたかどうかは、クラミジア検査をして見ないと分かりません。

女性ならばおりもの色が変だとか、悪臭がするなどといった自覚症状がでるにはクラミジアに感染してから1か月程度たたないと表れないからです。
症状が発生するまでの潜伏期間に、不特定多数の人と性行為をすれば相手に感染させる恐れがあります。

最近では、不特定多数の人がネットの出会いサイトなどを通じて気軽に出会えるようになり、性交渉をする人が増えてきました。
なので自分が誰から感染されたのか、分からない場合もあります。
そのため過激な性行為をしたら、クラミジアの検査をしておくと安心です。
ネットでキットを取り寄せれば、男性なら尿検査、女性ならおりものを送ればすぐに感染しているかどうかが判断できます。