• ホーム
  • コンドーム使っても性病の兆候あればクラミジア検査

コンドーム使っても性病の兆候あればクラミジア検査

ウィルス

コンドームを使用することは、性病の予防するという観点からすると大変有効です。
しかし、元々は避妊を目的として作られた器具であり、性病の予防を目的として作られたわけではありません。
従って、予防に有効ではあるけれども予防しきれないケースもあるということを認識しておく必要があります。
特に、特定のパートナー以外との性交渉においては非常に重要です。
逆に、コンドームを使用しないセックスでは常に性病に感染する危険性にさらされることになります。

性病の中でも最も多いクラミジアの場合では、コンドームを使用することでほぼ予防することはできます。
しかし、厄介なことにオーラルセックスでも感染するため、フェラチオ時にのどの粘膜経由で感染してしまいます。
風俗で不特定多数の男性客の相手をする女性の場合には、このケースが多いため注意が必要です。
また、最近の増加傾向が懸念されている梅毒についても、通常は性器の中に病変ができることが多いためコンドームは大変有効です。
ただし、梅毒の病原菌はとても強く感染力も相当強いため、オーラルセックスはもちろんキスで感染することもあり得ます。
他の性病の場合も同様で、性器を経由した感染にはコンドームは非常に有効ですが、それ以外から感染するケースには役に立たないということになります。

従って、コンドームを使用したから絶対大丈夫ということはなく、性交渉の後で性器などに性病の兆候らしきものを感じる場合には、できるだけ早くクラミジア検査などを受けるようにしましょう。
とりわけ、オーラルセックスでフェラチオなどの行為があれば感染している可能性は高いと言えます。
性病で病院に行くというのはなかなか恥ずかしい面もありますが、最近では自宅で匿名で検査できるキットもありますので、それらを利用することもできます。