心配する女性

クラミジアは最も感染者が多いとされている性感染症のひとつです。
クラミジアは感染力が強く、1回の性交渉だけで感染してしまう可能性も高いとされています。
クラミジアに感染するとその後、数週間程度の期間をおいて発症しますが自覚症状がないことも多く、発症に気が付かない場合も少なくありません。
症状としては女性の場合にはおりものの増加があげられ、そのままにしてしまうと感染が体内に広がってしまい子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こしてしまうことがあります。
また子宮外妊娠であったり不妊の原因になってしまったり流産や早産を招くこともあります。

男性の場合には尿道から透明な膿がでたり、排尿の際に痛みを感じることがあります。
そのままにしてしまうと尿道から体内に感染が広がってしまうため前立腺炎や肝炎、腎炎などを引き起こしてしまうこともあります。
また男女とも性器以外に喉に感染することがあります。
これはフェラチオやオーラルセックスによって感染することが多く、ディープキスなどでの感染もあります。
この場合にはのどに痛みが生じ痰が増えます。
なんだかいつもとは違和感がある、おりものの量が増えて気になるなどと言う場合には病院を受診して検査を受ける様にすると良いです。

検査後にクラミジアが確認できた場合にはミノサイクリンを成分とする薬で治療し完治させましょう。
ミノサイクリンは細菌を殺菌する作用のある薬なので、クラミジア以外のニキビなどの治療にも使うことができます。
病院で薬を処方してもらうのが面倒な方はミノサイクリンをネット注文してご利用することも可能です。
その場合には、ミノサイクリンの注意事項などを事前に調べてから使用してください。

クラミジア検査は泌尿器科、産婦人科、皮膚科、小児科などでも検査を行ってもらうことができますし、性器などに痛みやかゆみなどがある場合には産婦人科、泌尿器科を皮膚に異常がある場合には皮膚科を受診するようにすると良いです。
病院でのクラミジア検査は血液を少量採取して血液中の成分を検査する血液検査と、男性の場合には尿検査、女性の場合にはおりもの検査が行われます。
おりもの検査は膣の内側の粘膜を綿棒のようなもので分泌物を採取して検査します。
喉の場合には喉の粘膜を採取して検査が行われます。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

最近の投稿
    アーカイブ